女性特有の悩み相談┃尿漏れは泌尿器科での改善が確実

女性

排尿トラブルは早めに受診

食生活の欧米化が一因

悩み

近年、泌尿器科を受診する男性が増えています。池袋の泌尿器科では、いつもあふれるほどの患者が診察を待っているところもあります。男性患者の主な病名は、前立腺肥大や前立腺がんです。戦後、食生活が欧米化し、脂肪分の多い食べ物を摂ることが以前よりもずっと多くなりました。それが前立腺の病気の一因といわれています。前立腺肥大になると必ず前立腺がんになるのではと心配して池袋の泌尿器科を訪れる人も多いのですが、この二つは別の病気です。ただ、両方を患っている人も多いのが現状です。夜間の排尿回数が以前より増えたり、トイレに行っても残尿感があったり、尿が出にくいと感じたりするときは、早めに池袋の泌尿器科を受診しましょう。

検査法と治療法

排尿に問題があって受診した場合、泌尿器科ではどのような検査が行われるのでしょうか。医師が直接肛門から触診する検査や、排尿時にどれくらい勢いがあるかを見る検査などがあります。池袋の泌尿器科では、体内に器具を入れたりせず超音波を使って外から検査できる装置もあります。もし検査の結果、前立腺がんであることが判明した場合は、男性ホルモンを抑える薬物療法などが行われます。病状によっては、専門の大病院での放射線治療を紹介してくれることもあります。トイレが近いからと行って必ず前立腺の病気とは限りませんが、がんの場合、治療は早ければ早いほど効果があります。不安に思っていることがあれば、一人で悩んでいるよりも思いきって池袋の泌尿器科に出かけてみましょう。